第2営業部 部長
山下

MEMBER--21

チャレンジ精神旺盛な会社。
だからとことん成長できる。

--山下
第2営業部 部長/2009年9月入社
ずんどう屋に入社したのは、前職を急遽退職することになり、全くどんな仕事をしたいのかさえ悩む暇もなくたまたまZUNDの求人が目に留まり、当時の社長と面接で対面。物凄いインパクトがあり、とりあえず働いてみようと思ったことがきっかけです。

当時は社員雇用スタートがない状態の会社だったこともあり、アルバイトからスタートし、現在は第2営業部の部長をさせていただいています。
部の管理はもちろんのこと、部下の育成、新店舗の立ち上げ、他部署とのすり合わせ、仕組みつくりなど、未来のZUNDを作り上げるための様々な業務を行っております。

私の役職上直接的に関わることは少ないですが、会社全体が一丸となり目標に向かっていること、部下が一生懸命幸せそうな表情で働いている姿を見ることにやりがいを感じます。
また、新しい土地にずんどう屋が生まれる度に、心の底から嬉しく思います。
ZUNDに関わる人達が幸せになることが一番の喜びですね。

ZUNDは簡単に言うと、失敗を恐れるより失敗を活かす為、会社・人の成長の為にチャレンジ精神旺盛な会社です。
自分自身を日々成長させてくれる会社ですね。

夢は地球に1000店を目標に日々頑張っています。

営業部

生産部

仲間であり家族のようなこの場所で、
目指すは更なるエリアの拡大と充足。

やりがいを共有し、
意欲的に成長できる環境。

困ったとき、より良い方法を
一緒に考えてくれる仲間がいる。

目標は海外出店に携わること。
世界にずんどう屋を広めたい。

お客様の「美味しかったよ」が
接客のやりがいに。

「志」を持った、
熱い人が多い集団。

厳しい経験をバネに。
熱い思いで気持ちを奮い立たせた。

日々の積み重ねが成長に。
決めたことは実践、達成が心得。

40歳にして一念発起、
周りの協力で乗り越えられた。

お客様と、社員同士と。
コミュニケーションが活発で面白い。

他にはない活気がある職場。
味わえる達成感も格別。

「豚骨ラーメンといえばずんどう屋」
その為に未来のお客様を取りに行く。

仕事のやりがいは無限大。
働く喜びがたくさんあります。

上司部下関係なく話しやすい。
だからとことん成長できる。

「笑顔」がモチベーション。
おもてなしの輪を広げたい。

仕事も休みも充実。
メリハリをつけて働けます。

任されると嬉しい。
成果が評価につながる環境。

女性が働きやすい職場へ、
支えられる存在になりたい。

より美味しい麺を届けるために。
美味しさを追求するやりがい。

すべての業務に意味がある。
だから仕事が楽しい。

積み重ねた努力が評価される。
高い意欲を持って働けます。